/

この記事は会員限定です

東通原発、26日に結論 電力悩ます「活断層ドミノ」

[有料会員限定]

「活断層ドミノ」が電力会社を揺さぶっている。原子力規制委員会の有識者会合は26日、東北電力東通原発(青森県)の敷地内の断層について「活断層の可能性が高い」との最終結論を出す。週内には関西電力大飯原発(福井県)の断層も再調査し、活断層とわかれば運転停止を求める。26日に発足する安倍政権にとっても活断層問題への対応は難題となりそうだ。

東通原発は13、14日に現地調査し、20日の評価会合で「断層は活...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン