/

金融庁、FX取引で投資家に不正な売買是正

金融庁は25日、外国為替証拠金(FX)取引で公正な売買を促す監督指針の改正案を正式に公表した。投資家が注文した価格よりも不利な価格の時にだけ取引を成立する手法を禁止する。意見公募を経て、今夏中に適用する。

外国為替市場は値動きが激しく、注文から取引成立までの短時間に為替レートが変動することがよくある。一部のFX会社はこのズレを利用して、自社が利益を上げられるようにしていた。今後はFX会社にとって有利か不利かに関係なく、取引が成立するようにして、個人投資家に負担だけを押しつけないようにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン