/

みんな、党内対立が泥沼化 渡辺、江田両氏が応酬

みんなの党の渡辺喜美代表と江田憲司幹事長の間で、党運営や野党再編を巡る対立が激しくなっている。25日の両院議員総会では、党内手続きを無視して渡辺氏主導で参院選候補を選定したなどの批判が噴出。党改革組織の設立を求める意見も出た。両氏の衝突を懸念した幹部が途中退出を要請。その後の総会は代表、幹事長不在の異例の状態となった。

渡辺氏は「候補公認で瑕疵(かし)があったことはおわびする」とあいさつした。一方で「今すぐ再編を仕掛けるのは拙速だ」と述べ、野党再編に積極的な江田氏をけん制した。

江田氏は総会後の記者会見で「『渡辺個人商店』を株式会社化し上場するのが使命だ」と渡辺氏を批判。改革組織の必要性を強調した。水面下で設置を求める署名集めも始めた。民主党の細野豪志幹事長や日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長と会談したことも明らかにして「他党との意見交換は必要。茶飲み話を代表に報告する義務はない」と述べた。

この後に記者会見した渡辺氏は党改革組織について「今ある機関で解決すべきだ」と述べ、江田氏の構想を一蹴。他党幹部との会談に関しては「非常によろしくない。そちらに命をかけるなら幹事長を辞めるのがスジだ」と不快感を表明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン