/

この記事は会員限定です

TPP交渉、食品安全など14項目で実質協議終了

[有料会員限定]

米国や豪州など11カ国が参加する環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る交渉で、TPPの協定文全29章のうち、食品安全を含む14章で実質協議がまとまったことがわかった。交渉開始から3年以上たち、米国が年内妥結を目指し交渉を加速しているもよう。ただ、7月から交渉に参加する日本が力を入れたい関税撤廃などの分野では交渉に時間がかかっている。

マレーシア政府が25日までに「(全協定文のうち)14章で議論は実質...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り432文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン