/

維新、国会議員団役員人事を決定 「台風の目になる」

日本維新の会は25日、都内のホテルで両院議員総会を開いた。石原慎太郎代表は冒頭「台風の目になる。起爆剤になってこの国の政治をひっくり返そう」と語った。総会では国会議員団の役員人事を決めた。平沼赳夫国会議員団代表、松野頼久幹事長は留任。政調会長には片山虎之助参院議員、総務会長兼選対委員長に藤井孝男衆院議員、国会対策委員長には小沢鋭仁衆院議員が就任した。

当初は維新が国政政党になった時からのメンバーである桜内文城衆院議員が政調会長に就く方向だったが、選挙運動員の逮捕などを受け辞退。平沼、片山、藤井各氏ら太陽の党出身者が役員の多くを占め、党運営の主導権を握りそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン