福島原発の賠償責任「東電免責ありえぬ」 官房長官

2011/3/25付
保存
共有
印刷
その他

枝野幸男官房長官は25日午後の記者会見で、原子力損害賠償法の免責条項が福島第1原子力発電所の事故に適用される可能性について「安易に免責等の措置がとられることは経緯と社会状況からありえないと私の個人的見解として申し上げておく」と述べた。東京電力の賠償責任は免れないとの認識を表明したものだ。

原賠法は損害賠償の負担原則を一般の事故は民間保険と事業者や地震や噴火、津波による事故は国と事業者などと規定。、枝野長官はあくまで東電側にも責任を求める立場を明確にしたものだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]