/

皇位継承「男系男子」と明記 たちあがれ日本が自主憲法案

たちあがれ日本は25日、自主憲法大綱案を発表した。天皇を日本国の「元首」と位置づけたほか「男系男子による皇位継承を堅持する」と明記。安全保障に関しては「自衛軍」を保持するとともに、集団的自衛権の行使を認める方針を盛り込んだ。「侵略戦争を否認して平和主義を堅持する」とも強調した。

平沼赳夫代表は記者会見で、東京都の石原慎太郎知事らと検討している新党構想に関連し「大綱案を新党の背骨としたい」と述べた。

憲法改正の手続きは、国会が発議できる要件を「総議員の3分の2以上」から「過半数」の賛成に緩和。ただし総議員の3分の2以上の賛成で国会発議された場合は、国民投票を省略できるとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン