/

丸川政務官の問責決議可決 参院厚労委

参院厚生労働委員会は25日、丸川珠代厚労政務官(自民党)への問責決議を民主、みんな、共産、社民各党の賛成で可決した。決議は2月25日付日本経済新聞朝刊の広告での丸川氏と人材派遣会社社長の対談について(1)所管する分野の特定民間企業の宣伝広告に出た(2)昨年10月に施行された改正労働者派遣法の「日雇い派遣の原則禁止」に関して修正に向けた議論が決まっているかのような誤った印象を植え付けた――などと指摘した。

自民、公明両党は25日の委員会を欠席した。菅義偉官房長官は記者会見で「問責決議に相当するような行為はしていない。野党の党利党略が見え隠れする」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン