/

厚労省が政策仕分けを開始

厚生労働省は25日から省内の政策分野ごとに効果を検証する「提言型政策仕分け」を開始した。初日は雇用政策をテーマに、休業中の社員の賃金の一部を肩代わりする雇用調整助成金のあり方などを議論した。今回の仕分けは複数の部局にまたがる施策が対象。医療・介護の連携や難病患者の就労支援などを取り上げ、7月まで実施する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン