道路の地下移設「簡単ではない」 首都高会社社長が否定的見解

2012/7/25付
保存
共有
印刷
その他

首都高速道路会社の菅原秀夫社長は25日の記者会見で、国土交通省の有識者会議で、老朽化した首都高を撤去して地下に新しい道路を造り直す案が出ていることに「費用が莫大になることを念頭に置かねばならない」と指摘した。そのうえで道路の地下移設は「簡単にいく話ではない」と否定的な考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]