/

この記事は会員限定です

日立、英の高速鉄道500両受注 15年めど現地工場

[有料会員限定]

英運輸省は25日午後(現地時間25日朝)、老朽化した英高速鉄道の車両更新事業を日立製作所が受注したことを発表する。日立は英大手ゼネコンと共同で、新車両約500両の製造と30年間の保守業務を請け負う。事業規模は4000億~5000億円に上る見通し。日本政府も国際協力銀行(JBIC)の融資などで支援するなど、官民一体で大型事業の獲得にこぎ着けた。

車両の更新対象になるのは、ロンドンとスコットランドのエ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン