/

原賠機構運営委、国の除染費用分担要望

原子力損害賠償支援機構の運営委員会(委員長・原田明夫元検事総長)は25日、東京電力が年内にもまとめる総合特別事業計画(再建計画)について、10の要望項目をまとめた。国に除染や中間貯蔵施設の建設にかかる費用の分担を求めたほか、金融機関には必要な資金の融資を求めた。東電と機構は12月中下旬をメドに計画を策定する。

運営委は東電の筆頭株主である機構の最高意思決定機関。原田委員長はこの日の会議後に「事業者としての東電を『けしからん』とする意見もあるが、原子力政策は国全体ですすめてきた。国も責任を果たさなければならない」と語った。

要望は▽事故対応と費用分担は国、東電、金融機関が適切に分担する▽将来の成長戦略に必要な資金について金融機関に協力を要請する、など10項目。自民、公明両党が除染費用の分担を国に求めた提言を受け、運営委も具体化を政府に促した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン