/

この記事は会員限定です

政府、「竹島」提訴先送り 日韓関係修復の兆しで

[有料会員限定]

政府は島根県の竹島(韓国名・独島)領有権問題で、国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴の最終判断を衆院選後に先送りする方針を固めた。韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸以来中断していた政府間交流が再開し、当面は韓国の対応を見極める。大統領選を来月に控え、対日感情を悪化させるのは得策でないと判断した。

日本政府は8月10日の李大統領の竹島上陸を受け、同11日に竹島問題をICJに提訴する方針...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン