/

うがい薬のみ処方、保険外に 14年4月から

政府は2014年4月から、うがい薬のみを患者に処方する場合は公的健康保険の適用対象から除くことを決めた。医療用のうがい薬は市販品と成分や効能が変わらないのに、保険適用のため価格が安く、是正すべきだとの指摘が多かった。14年度は国の税金で61億円、保険料や窓口負担を含む医療費ベースでは約240億円を削減する。

医師が処方したうがい薬は保険適用により患者負担は1~3割で済み、市販品より安くなる。またうがい薬の処方のためだけに医師に処方料、薬局に調剤料の診療報酬が支払われ、医療費が膨らむ。財務省の過去の試算では、市販品では609円のうがい薬が医療用で処方されると医療費は2340円かかる。

保険外になるとムダな薬代や調剤料の支払いがなくなり医療費が抑えられる。ただ、うがい薬を風邪薬など別の薬とともに処方する場合は、引き続き保険適用を認めるため、必要以上にうがい薬を別の薬と処方する医療機関が増える恐れがある。

25日に開く中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)の了承を経て、来年4月から実施する。うがい薬の保険適用除外は、14年度の診療報酬改定の大臣折衝で20日に決定したが、厚労省は24日まで公表を控えた。同省は「基本的なミス」として陳謝した。

政府は、うがい薬のような市販薬と成分や効能の似た医療用医薬品の保険適用の見直しを進めている。12年度の診療報酬改定ではビタミン薬を単なる栄養補給目的での処方は保険外とするように改め、医療費ベースで約160億円を削減。今後も見直しが続きそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン