/

慰安婦賠償問題で橋下氏「判断は国際司法裁判所に」

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は24日、元従軍慰安婦側が賠償を求めている問題について「日韓基本条約で賠償請求権は終わったと考えるのが日本の立場」としたうえで「国際司法裁判所に条約の解釈の判断を委ねるべきだ」と述べた。市役所で記者団に語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン