/

この記事は会員限定です

総務省、在宅勤務導入企業の情報管理に指針

[有料会員限定]

総務省は2016年度をめどに、企業が在宅勤務(テレワーク)を導入するときの情報セキュリティーの指針をつくる。業態ごとに導入すべき暗号化や個人認証の技術水準をまとめる。テレワークは子育て世代の女性の就業を促すなどの効果があるが、情報漏洩の不安から導入をためらう企業も多い。情報管理の方法を示すことで、テレワークの普及を進める。

「製造業の営業」「サービス業の総務」といった20程度の業態ごとに指針をつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン