首相のダボス発言「真意は日中衝突回避」 世界へ説明

2014/1/24付
保存
共有
印刷
その他

政府は、安倍晋三首相が日中関係を第1次世界大戦で戦う前の英独関係に例えたことが欧米を中心に波紋を広げている問題で、在外大使館を通じて真意は日中の衝突回避にあるとの説明を始めた。駐英大使館は首相を批判的に報じた英国放送協会(BBC)やフィナンシャル・タイムズ紙に理解を求めた。ロイター通信など他の主要メディアにも真意を伝える。

加藤勝信官房副長官は24日午後の記者会見で首相発言を「(武力衝突など)いろいろな事態にならないように努力をしていく意味でコミュニケーションシステムをつくっていきたいという真意だった」と説明した。

舞台となった22日の首相と各国メディア関係者との懇談では、外務省が手配した外部の通訳が首相の発言を英語で伝えた。

首相は世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で外国メディア関係者と懇談した際、記者から日中の武力衝突の可能性を問われ「今年は第1次世界大戦100年を迎える年だ。当時英独は多くの経済的関係があったにもかかわらず第1次世界大戦に至った」と指摘。「質問のようなことが起きると日中双方に大きな損失であるのみならず、世界にとって大きな損失になる」と語った。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]