/

貿易自由化へ交渉本格化 RCEP第2回会合

日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)など計16カ国で関税撤廃や知的財産権の保護、市場開放など新ルールをつくる東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の第2回交渉会合が24日、オーストラリア東部のブリスベーンで始まった。2015年末までの交渉妥結を目指し、貿易の自由化ルールや関税の引き下げなどの具体的な話し合いに入る。

RCEPは日本が加わる経済連携の枠組みでは米国が主導する環太平洋経済連携協定(TPP)と並んで重要な協定。5月の第1回会合後、8月にブルネイで初の閣僚会合を開き、貿易の自由化目標や自由化ルールを来年夏ごろまでに決めることで一致した。

今回の会合は今月27日までで、高級実務者レベル会合のほか、工業品や農産品の貿易、サービス貿易、投資を扱う作業部会をそれぞれ開く予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン