社会保障改革、立ちふさがるハードル 岡田克也氏と長谷川閑史氏が議論
創論

(1/2ページ)
2012/9/2 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 社会保障と税の一体改革関連法が成立し、野田佳彦首相は17年ぶりの消費税増税に道筋をつけた。だが増税頼みでは年金・医療制度の持続性は高められない。残された課題にどう対処すべきか。担当相として首相を支える岡田克也副総理と、経済同友会で社会保障改革の重要性を訴える長谷川閑史代表幹事に議論してもらった。(文中敬称略)

■「年金給付の抑制が宿題」 岡田克也副総理

――8月10日に社会保障と税の一体改革関連法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

社会保障改革をめぐる動きを深読み


電子版トップ



[PR]