/

この記事は会員限定です

日中、欧州舞台につばぜり合い 歴史認識問題巡り

[有料会員限定]

【ハーグ=中沢克二、永井央紀】安倍晋三首相と中国の習近平国家主席が欧州を舞台に「歴史認識問題」を巡ってつばぜり合いを演じている。習主席は23日の中韓首脳会談で伊藤博文元首相を暗殺した朝鮮の独立運動家、安重根の記念館設置を取り上げるなど日本をけん制。安倍首相は従来の歴史認識の継承を明言するなど、中国による韓国取り込みを少しでも阻みたい考えだ。

習主席は今回の訪欧で歴史にこだわった。「戦後の国際秩序を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン