2019年4月26日(金)

IWCの捕鯨再開容認案、合意断念で今後の対応検討 農相

2010/6/24付
保存
共有
印刷
その他

山田正彦農相は24日、現在開会中の国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会が商業捕鯨の再開容認などを盛り込んだ議長・副議長提案の合意を断念したことを受け、省内で今後の対応を検討する考えを明らかにした。農相は農林水産省内で記者団から「IWCからの脱退を前提に考えるのか」と問われたのに対し、「前提に考えているわけではない。ただ、いろんな形の選択肢はこれから政務三役も含めて協議したい」と述べた。

IWCは4月、日本による沿岸商業捕鯨を容認する議長・副議長提案を発表。代わりに南極海で実施しているミンククジラなどの調査捕鯨数を、段階的に減らす妥協策も盛り込んでいた。しかし21日に開幕したIWC年次総会では、オーストラリアなど反捕鯨国が反対し、25日までの会期中の合意を断念した。

農相は「日本は思い切った譲歩をしたつもりだ」と強調。「各国の政治的事情があり、科学的知見に基づいた客観的な論議ができる状況ではない」と反捕鯨国の対応を批判した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報