補正予算の修正案、民主・みんな共同提出へ

2013/2/24付
保存
共有
印刷
その他

民主党は24日、「次の内閣」(NC)で参院で審議中の今年度補正予算案の修正案をみんなの党と共同提出する方針を確認した。日本維新の会、生活、社民各党にも協力を求める。修正案は否決される見込みだが、民主党の桜井充政調会長は同日の記者会見で「野党連携の第一歩になる」と語った。

修正案の協議で民主党は消費増税を前提とした国債を発行せずに国債整理基金特別会計を取り崩して財源にするみんなの党の案を受け入れた。みんなも公共事業を4割程度減らすとした民主党の主張を容認した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]