/

普天間移設、辺野古案の修正浮上

建設工法変更など 地元は反発

(更新)

沖縄の米軍普天間基地の移設問題を巡り、2006年に日米が合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)に移す現行案を一部修正して受け入れる案が政府内で浮上していることが24日、分かった。県外移設に反対する米側との対立を打開する狙い。ただ、沖縄県などの地元や連立政権を組む社民党は反発しており、膠着(こうちゃく)状態の打開につながるかは不透明だ。

群馬県を訪れた鳩山首相(24日、富岡市の富岡製糸場)=代表撮影

日米関係筋によると、辺野古に移設する現行計画の修正案は(1)滑走路を埋め立ててつくる方式から、くい打ち桟橋方式に変更する(2)鹿児島県・徳之島に海兵隊の施設やヘリ部隊の訓練を一部移転する――など。政府は徳之島へのヘリ部隊移設とキャンプ・シュワブ陸上部にヘリ離着陸帯をつくるこれまでの案と並行して交渉を進めたい考え。

米紙ワシントン・ポスト(電子版)は岡田克也外相が23日、ルース駐日米大使と会い、現行案を修正したうえで、辺野古への移設を受け入れると表明したと報じた。

しかし、現行計画の修正案を事態打開の最終案とするかどうかはなお流動的な面がある。沖縄県では25日、米軍普天間基地の国外・県外移設を求める大規模な県民大会が開かれる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン