/

高速新料金、平日「上限2000円」で合意 政府・民主

休日は1000円

馬淵澄夫国土交通相は24日午前、民主党の玄葉光一郎政調会長らと会談し、高速道路の新料金について普通車で平日2000円、土日祝日1000円を上限とすることで合意した。新料金の実施に際して法改正は不要だが、地方自治体との調整や詳細な制度設計が必要。来年4月を目指す導入時期が遅れる可能性もある。

国交省は今年4月に高速料金の割引財源の一部を道路建設に回し、時間帯割引などをやめて曜日・時間に関係なく普通車で上限2000円の料金案を発表。実質値上げになることに党内の反発が強く、調整が続いていた。

今月に国交省が上限額は2000円のままで時間帯割引やトラック向けの大口割引などを継続する案を公表。党との協議で休日の上限額を1000円に引き下げる。協議後に公表した国交省の基本方針では首都高速、阪神高速道路は走行距離に応じて500円から900円の料金案の導入を明記した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン