/

温暖化ガス削減目標「25%」見直しへ 官房長官が表明

菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、地球温暖化対策で2020年までに温暖化ガスの排出量を1990年比で25%削減するとした民主党政権時代の目標を見直す方針を明らかにした。「とてつもない目標で実現不可能だ」と述べた。当面は原子力発電所の停止で火力発電への依存度が高まり、二酸化炭素(CO2)などの排出増は避けられないなどの事情を踏まえた。

安倍晋三首相は近く見直しを表明し、新たな目標づくりを関係閣僚に指示する。25%の削減目標は09年秋、政権交代を果たした民主党の鳩山由紀夫首相(当時)が国際公約として掲げた。民主党も11年の東京電力福島第1原発事故を受けてまとめた革新的エネルギー・環境戦略で、新たな温暖化対策をつくる方針を示していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン