官房長官、除染の被曝線量目標「変更の予定ない」

2013/10/24付
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う周辺地域の除染で、年間の追加被曝(ひばく)線量を年1ミリシーベルト以下にするという政府の長期目標を「変更する予定はない」と述べた。そのうえで「除染の推進は地元の皆さんの気持ちに寄り添いながら、政府一丸となってしっかり取り組んでいきたい」と改めて強調した。

国際的に許容される被曝線量の基準は1~20ミリシーベルトで、日本政府は1ミリシーベルトを目標に置いている。これに関して、除染の状況を検証した国際原子力機関(IAEA)の専門家チームは21日にまとめた報告書(暫定版)で「必ずしも達成する必要はない」と指摘していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]