「北朝鮮が軍事的挑発も」防衛副大臣

2011/12/24付
保存
共有
印刷
その他

渡辺周防衛副大臣は24日のTBS番組で、金正日総書記の死去を受けた北朝鮮の動向について「金正恩氏は若い指導者で軍を掌握していない。『自分たちは危険な国だぞ』と誇示するために何らかの軍事的挑発を行うことは考えられる」と述べた。政府関係者が北朝鮮の軍事行動の可能性に言及したのは初めて。

政府の危機管理対応については「防衛省は米韓軍から情報を得て、かなりの情報を持っている」と米韓両国と緊密に連携していることを強調。「北朝鮮に特異な動きはないが、最大限対応できるよういくつかのシナリオを作っている」と指摘し、核実験や弾道ミサイル発射などの行動に備えていることを明らかにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]