/

官房長官、福島第1「組織立て直しが必要」

菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所のタンクの汚染水漏れで操作ミスの可能性があったことに「誠に遺憾だ。現場の厳しい作業環境の実態を踏まえ、再発防止策を練り直すとともに、しっかりと組織を立て直していくことが必要だ」と述べた。また「原子力規制委員会からしっかり注意しチェックしていきたい」と語り、政府も東電の再発防止策を監視していく考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン