/

この記事は会員限定です

日米TPP合意へ最終調整 牛肉は20%軸、豚肉で詰め

[有料会員限定]

環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る日本と米国の関税交渉は24日未明、日米首脳会談での大筋合意に向けて最終調整が進んだ。23日夜に来日したオバマ大統領と安倍晋三首相の指示を受け、焦点となっていた「聖域」の牛肉の輸入関税は20%を軸に詰めた。米国の関心の高い乳製品では一定量まで低い関税で輸入する枠を設ける。コメ、麦、砂糖の関税はほぼ現行水準を維持する。残る豚肉で決着すれば「重要5項目」にめどがつくこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン