/

この記事は会員限定です

巨額の年金消失 AIJ顧客の大部分は中小企業

[有料会員限定]

AIJ投資顧問(東京・中央)が運用する約2000億円の年金資産の大部分が消失していたことを受け、証券取引等監視委員会と金融庁の本格的な実態解明が焦点になる。会社員の老後の生活資金を補填する企業年金は半ば公的な性格を持つ資金であり、当局はずさんな資金管理をしていたAIJの責任を厳しく追及する。一方、AIJの顧客の大半を占める中小向け総合型の厚生年金基金は、資産の積み立て不足がさらに深刻になりかねず、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン