震災特例を再延長 食品表示免除や特許・商標審査緩和

2011/5/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は東日本大震災を踏まえ緊急措置として導入した規制緩和策を再延長する。特許や商標の審査手続きは、資料提出などの猶予期間を8月末からさらに半年程度延ばす。ペットボトルなど食品表示義務の免除も当初想定の数カ月を超えて継続する。経済活動の再生に向けた取り組みを支援し、被災企業の競争力の維持にもつなげる。

政府は3月11日の震災後、特定非常災害特別措置法に基づいて各種の規制を緩和した。

特許料納付や特…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]