/

細川、小泉両元首相が大飯原発運転差し止め判決を評価

細川護熙、小泉純一郎両元首相は23日、再生可能エネルギー普及を研究する一般社団法人の懇談会を都内で開いた。細川氏は会合で、福井地裁が関西電力の大飯原子力発電所3、4号機の運転差し止めを命じたことについて「国や事業者は司法の意見を尊重すべきだ」と述べた。小泉氏も記者団に「常識的でよかった」と判決を評価した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン