/

この記事は会員限定です

生活保護、後発薬使用が原則に 義務化は見送り

[有料会員限定]

厚生労働省は生活保護の受給者に医療機関が後発医薬品を使うよう促すことを法制化する方針だ。医師は先発薬に比べて価格が安い後発薬を原則として処方することになる。その半面、自民党が公約で掲げた使用の義務化は見送られる。

厚労省は生活保護法の改正案を2013年の通常国会に出す。これに伴って見直す政省令に、後発薬の使用を基本にすることを明記する方向だ。価格が高い先発薬を処方した場合、医師に説明責任が生じる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り435文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません