規制 岩盤を崩す 第1部

フォローする

保育所足りない ママたちの一揆
第3回

(2/2ページ)
2013/4/7 2:00
保存
共有
印刷
その他

育児支援のNPO法人、フローレンスの駒崎弘樹代表理事は「認可か認可外かにこだわらず、預け先を増やすのが先」と話す。条件や設備は認可に少し見劣りするが、預けてもいい。そんな手軽で安全、快適な認可外を増やせないか。国が自治体の独自認証への補助を増やし、ほかの認可外もしっかり指導すればいい。

壁になるのが「認可信仰」。田村憲久厚労相は「国がお金を出す認可のほうが自治体もお得」と冷たい。自民党は幼児教育の無償化を掲げたが、想定は幼稚園や認可保育所。「認可外はまともな教育なんてしてない」と話す議員もいる。

民間企業の活力も生かし切れていない。政府は今月、待機児童の解消策を詰める子ども・子育て会議を始める。顔ぶれは保護者や保育所、自治体の関係者ら。保育の最大手企業、JPホールディングスの山口洋社長は「民間企業には声がかからなかった」と明かす。

■「横浜市の奇跡」

横浜市の奇跡――。全国最多だった待機児童が解消しつつある。独自認証を含めた認可外の活用や民間業者の参入を進めてきた。使われない保育所の有効活用にも力を入れる。

「前は3人の子を別々の保育所に送迎していた。今はすごく楽」。福島令子さん(36)は市独自の「送迎保育」を使う。出勤前に近くの保育所に預けると、空きがある別の保育所に送る。バスの乗車時間は最長1時間を想定。「なにもそこまで」との声も聞こえてきそうだが、国が頼りにならないなら、なりふりを構っていられない。

少子化が止まらぬニッポン。子どもを増やそうにも国が「認可しない」。そう突き放しているのと同じなんじゃないか――。

規制 岩盤を崩すをMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

理解を深める関連記事

「規制 岩盤を崩す」 緊急討論から

「規制 岩盤を崩す」 バックナンバーから

電子版トップ

この記事へのコメント
  • はいそるとさん (2013/4/9)
    「保育所足りない ママたちの一揆」への投稿

     政府・議員さん方は景気対策にいそしんでいますが、経済が成長していくには、少子高齢化による労働力の低下が問題となるはずです。しかし子供を増やしてもすぐに労働力にはなりません。だからこそ女性の就業率を上げるのが急務のはず。ママさんたちが働き難くては、日本の経済は再び沈み込んでしまうでしょう。
     私は恋人はいますが未婚で子供もいません。結婚願望もあるし、子供も生みたいとは思いますが、結婚するメリットも、子供を生んで働きながら育てる自信もありません。
     会社内の制度などは、自分達の活動の成果もあり改善していますが、ぜひ国にも女性が働きやすくなるよう改善して欲しいと思います。

    5
  • ともちゃんさん (2013/4/7)
    「保育所足りない ママたちの一揆」への投稿

     議員と公務員の皆さんに、国を守る責任感がないため長年放置している。私達が彼らの給料を支払っているのに、お母さん方頑張ってください。
     子供たちが多いと社会が明るくなります。児童手当より全員入れる無料の保育所があった方がいいと思います。

    2
  • kazuさん (2013/4/7)
    「保育所足りない ママたちの一揆」への投稿

     政府は少子化担当相を作って対策をとっているが、保育所増設はその1丁目1番地なのにどう対応しているのか。認可保育所がすぐ増やせないなら、それに準ずる対策をとって女性が働けるよう至急対応してほしい。この件で安倍首相は意思を表明すべきである。日本のすべての問題の根源がここにあるのに政府は何をしているのかという気持ちです。ママさんを支持します。

    2
  • Tenngaiさん (2013/4/7)
    「保育所足りない ママたちの一揆」への投稿

     この問題は相変わらず改善なしなんですね。皆さんは「仕方がない」という事で諦めているようですが、それですと永久に改善されない。例えば、親達が10万人集まって「認可外の保育所を増やせ」と言う集団訴訟をすれば、事態は変わってくるはず。何もしないで諦めるのは「消極的同意」をしている事になり、「自業自得」です。親達が自分の意思で自分で積極的に動かなければ何も変わらないと思います。SNSで同志を募ってみたらどうでしょうか。

    17

電子版トップ連載トップ