2019年7月17日(水)

変わるか高齢者優先の政治 衆院選後の受益と負担
2010年生まれ、生涯収入13%「拠出」

(1/2ページ)
2012/11/26 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1票の格差に隠れた選挙制度の盲点が有権者の年齢構成の問題だ。高齢者が増え、若い世代が減る中で、多数派になる高齢者の利益を政治家が優先する「シルバー民主主義」の弊害が指摘されている。多数の高齢者を少数の現役世代が支える社会になった日本。来る総選挙を経て世代間の受益と負担の格差は縮むのか、それとも――。(柳瀬和央)

年金、介護などの社会保障は主に現役世代の負担で引退世代のサービスを支える。高齢化で現…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

社会保障の考え方 慶応義塾大学教授 土居丈朗

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。