仙谷官房長官「強く非難する」 独自制裁も検討
北朝鮮の砲撃

2010/11/23付
保存
共有
印刷
その他

仙谷由人官房長官は23日夜、北朝鮮による韓国延坪島への砲撃事件に関する閣僚会合後の記者会見で「許し難いもので強く非難する。このような行為を直ちにやめるよう求める」と表明した。「現時点で日本国民の生活にただちに影響を及ぼす事態ではない。冷静に対応してほしい」と呼びかけた。韓国など関係国と共同の制裁措置に限らず、独自の追加制裁も検討すると強調。北朝鮮が再開を求める6カ国協議への影響については「大きいマイナスベクトルが働くだろう」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]