年金支給額4月から0.3%引き下げ 政府が閣議決定

2012/3/23付
保存
共有
印刷
その他

政府は23日、2012年度の公的年金支給額を0.3%引き下げることを閣議決定した。国民年金は4月分から、満額支給の場合で11年度比200円減の月6万5541円、厚生年金は夫婦2人の標準的な世帯で、708円減の23万940円となる。物価下落に伴う措置で、4月分は6月に支給する。

国民年金保険料も物価下落を反映し、40円引き下げ、月1万4980円と…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]