/

橋下氏、竹島「共同管理目指すべき」 討論会で表明

大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は23日の公開討論会で、島根県の竹島(韓国名・独島)について「国際司法裁判所に訴えて、どうやって共同管理に持ち込むかという路線にかじを切るべきだ」と述べ、韓国との共同管理を目指すべきだと表明した。

沖縄県の米軍普天間基地移設問題については「(維新は)辺野古以外に具体的な代替案を持っていない」と発言。近く結成する「日本維新の会」として沖縄の住民に直接説明する考えも示した。

防衛費にも触れ「沖縄の問題などを考えれば、(国内総生産=GDP)1%(以内)と決めずにどこまでの防衛力を持つか決める必要がある」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン