/

維新・橋下氏、野党再編「1、2年かけて」

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は23日、参院選の結果を受けた野党再編について「水面下で1、2年かけて話し合いをし、一つのグループをつくる動きがあると思う」と述べ、早期の再編は難しいとの認識を示した。自らの共同代表続投は「執行役員会で話すことだ」と述べるにとどめた。大阪市役所で記者団に答えた。

橋下氏は「国民が民主党に代わる勢力を求めているのは間違いない。早急に次の衆院選を見据えて新しい野党をつくる必要がある」と強調。ただ「政治家は当選すれば身分保障される。次の選挙まで時間があるので、選挙前にならないと動かないと思う」と語った。

また「維新、みんな、民主の看板はなくさないとダメだ」として、維新とみんなの党、民主党の一部勢力の結集が必要との考えを改めて強調。自身が再編を主導するかは「イニシアチブをとると言った瞬間に、足を引っ張られるから言わない」と明言しなかった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン