/

厚労次官に阿曽沼氏 正式発表

長妻昭厚生労働相は23日の閣議後の記者会見で、事務次官に阿曽沼慎司医政局長が昇格するなど幹部人事を正式発表した。医政局長に大谷泰夫官房長、医薬食品局長に間杉純政策統括官(社会保障担当)、雇用均等・児童家庭局長に高井康行医薬食品局長が就く。30日付の発令。

旧厚生省出身者の次官就任は4代連続。また、医学部卒の医系技官の指定ポストだった医政局長への事務系起用は2代連続となる。

大谷 泰夫氏(おおたに・やすお=医政局長)76年(昭51年)東大法卒、旧厚生省へ。08年官房長。東京都出身、57歳。

間杉 純氏(ますぎ・じゅん=医薬食品局長)77年(昭52年)東大法卒、旧厚生省へ。08年政策統括官(社会保障担当)。秋田県出身、55歳。

高井 康行氏(たかい・やすゆき=雇用均等・児童家庭局長)78年(昭53年)東大法卒、旧厚生省へ。08年医薬食品局長。和歌山県出身、56歳。

外山 千也氏(とやま・せんや=健康局長)79年(昭54年)自治医大医卒、新潟県職員をへて92年旧厚生省へ。07年防衛省衛生監。新潟県出身、56歳。

岡崎 淳一氏(おかざき・じゅんいち=官房長)80年(昭55年)東大法卒、旧労働省へ。09年総括審議官。東京都出身、53歳。

香取 照幸氏(かとり・てるゆき=社会保障担当政策統括官)80年(昭55年)東大法卒、旧厚生省へ。09年官房審議官(雇用均等・児童家庭・少子化対策担当)。東京都出身、53歳。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン