米国務長官、尖閣「安保条約の適用対象」 日米外相会談
同盟「深化」で一致、普天間は協議継続

2010/9/24付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=山内菜穂子】前原誠司外相は23日午前(日本時間同日夜)、クリントン米国務長官とニューヨーク市内のホテルで会談した。両外相は日米同盟の重要性を再確認し関係を一層「深化」させることで一致した。クリントン氏は尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象になるとの見解を表明し、米国の日本防衛義務が同諸島にも及ぶとの立場を明確にした。

菅改造内閣発足後、外相会談を開くのは初めて。前原氏が記者団に明…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]