2019年1月20日(日)

首相「日米同盟の強い絆は完全復活」 オバマ大統領と会談

2013/2/23付
保存
共有
印刷
その他

日米首脳「同盟強化で一致」(日本時間23日未明、米ワシントン)

日米首脳「同盟強化で一致」(日本時間23日未明、米ワシントン)

【ワシントン=永沢毅】安倍晋三首相は22日昼(日本時間23日未明)、ホワイトハウスでオバマ米大統領と会談した。会談後、大統領は記者団に「日米同盟はアジア太平洋地域の中心的な礎だ。日本とあらゆる分野で強力な関係を構築することを楽しみにしている」と表明。首相は「日米同盟の信頼、強い絆は完全に復活したと自信を持って宣言したい。同盟強化で国益を守り、世界をいい世界にしていく」と語った。北朝鮮の核・ミサイル問題に断固たる対処をすることで一致した。

首相は沖縄県・尖閣諸島を巡る中国との対立について「日米同盟の存在は地域の平和と安定に資する。日本は常に冷静に対処していく」と表明。同時に「自由な海を守り、力ではなく法が支配する秩序を作っていかないといけない」と強調した。

大統領は北朝鮮の核・ミサイル問題について「北朝鮮の挑発行為への対応について確認した」と語った。追加制裁で協力するとともに、日米韓の連携が重要との認識で一致。首相は日本人拉致問題の解決に協力を要請し、大統領も支持する考えを示した。

大統領は環太平洋経済連携協定(TPP)を念頭に「日米両国が経済成長を引き続き遂げることを確実にするための措置をしないといけない」と指摘。「それぞれが貿易を拡大して経済成長し、引き続き繁栄できる社会にしなければならないことを確認した」と述べた。両首脳はこの後、昼食をともにしながら引き続き会談した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報