/

自公、議員立法で十数本提出へ

自民党の高市早苗、公明党の石井啓一両政調会長が22日、国会内で協議し、両党が議員立法で今国会に提出する法案数を道州制基本法案や児童買春・ポルノ禁止法改正案など十数本程度とする方針を確認した。参院選を控えて窮屈な国会日程を考慮し、法案数を絞り込む。道州制法案は与党ワーキングチームを新設し、両党内の議論を加速する方針で一致した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン