/

8月11日は「山の日」で祝日に 16年から、改正法成立

8月11日を「山の日」の祝日と定める改正祝日法が23日の参院本会議で、与党や民主党などの賛成多数で成立した。2016年から施行される。8月としては初めての祝日で、祝日がないのは6月だけとなる。お盆休みにあわせて連休を取りやすい日取りにしており、山岳への旅行などによる経済効果を期待する声もある。

国民の祝日は祝日法で規定している。法改正は4月29日を「昭和の日」に、5月4日を「みどりの日」にそれぞれ定めた05年以来。山の日の制定で年間の祝日数は計16日に増える。

改正法は制定の趣旨について「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」としている。自然に親しむ目的の祝日には7月第3月曜日の「海の日」もある。超党派の「山の日」制定議員連盟(衛藤征士郎会長)が法案を作成し、3月に与野党9党で国会に提出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン