/

この記事は会員限定です

自民の参院選公約、地方から注文 普天間・原発など

[有料会員限定]

自民党は22日、党本部に都道府県連の政調会長を集め、夏の参院選公約を巡って意見交換した。地方からは沖縄県の米軍普天間基地移設問題や原発再稼働などに関して、党本部方針とは異なる注文が続出。党執行部は選挙戦への影響を考慮し、地方に配慮する格好でまとめる考えだ。

「真っ先に各地の政調会長の意見をいただき、取り込めるものを取り込んでいく」。高市早苗政調会長は「地方重視」を強く訴えた。ただ、会議で配布した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン