健康・農業など重点4分野 産業競争力会議の成長戦略

2013/1/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の産業競争力会議が今年6月をめどにまとめる新しい成長戦略の方向性が22日、明らかになった。2030年の日本の「社会のあるべき姿」を前提にして、戦略的に創造する新市場を設定する。健康、エネルギー、次世代インフラや、農業・水産業などの地域資源の4つを重点分野として掲げる。23日の競争力会議で示す。

政府は今後の日本経済の姿として「貿易立国と産業投資立国との双発型エンジンの産業国家」を目指す方針。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]