公務員法案が衆院で審議入り 野党が対案、会期内成立は不透明

2013/11/22付
保存
共有
印刷
その他

省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」の新設を柱とする国家公務員制度改革関連法案が22日、衆院本会議で審議入りした。政府は来年春の人事局設置を目指す。民主党と日本維新の会、みんなの党は省庁の事務次官廃止などを盛り込んだ「幹部国家公務員法案」を共同提出してお…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]