/

この記事は会員限定です

企業向け減税先行 13年度税制改正、消費増税地ならし

[有料会員限定]

2013年度税制改正で主要項目の改正案がまとまった。設備投資や研究開発、雇用に前向きな企業への減税を充実する。経済対策に絡む減税規模は3000億円を超える見通しで、14年4月の消費増税を前に企業向けの減税が先行する形だ。一方で自民・公明・民主の3党は15年1月から富裕層を対象に所得税と相続税を増税することで合意。家計は消費増税などの負担増が続く。

22日午後、自民党本部で開かれた税制調査会小委員会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン