最低保障年金、撤回の可能性示唆 岡田副総理

2012/5/22付
保存
共有
印刷
その他

岡田克也副総理は22日の衆院社会保障・税一体改革特別委員会で、最低保障年金を柱とする民主党の年金制度案について「各党間の協議で成案を得られれば民主党案にこだわる必要はない」と述べ、与野党で合意すれば撤回する可能性を示唆した。ただ自民党は現行制度を維持すべきだとする同党の対案の「丸のみ」を迫る構えで、政党間協議には否定的だ。

岡田氏は年金制度をめぐる与野党の協議の場が必要だと主張。そのうえで「抜…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]