/

特定秘密監視機関、自公が国会法改正案了承

自民、公明両党は22日、特定秘密保護法の施行に合わせて国会に特定秘密の運用を監視する機関を設置するため、国会法改正案を了承した。両党は23日に日本維新の会、みんなの党、結いの党と実務者協議を開き、合意できれば、27日に国会法改正案を共同提出したい考えだ。

与党案では、衆参両院にそれぞれ情報監視審査会(仮称)を設置する。政府の秘密指定が不適切だと判断すれば見直しを勧告できるが、政府への勧告に強制権はない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン